SVC型を作る動詞一覧(中学英語の総まとめ)

覚えておきたいSVC型を作る動詞一覧

SVC型は英語の基本となる5文型の中で第2文型と呼ばれるもので、S(主語)V(動詞)C(補語)の3つの要素からなります。

 

この文型で使われる主な動詞は次の通りです。

SVC型を作る動詞一覧

原形意味過去形過去分詞形
keep〜(の状態)であるkeptkept
stay〜のままであるstayedstayed
remain〜のままであるremainedremained
lie〜(の状態)で横になっているlaylain
become〜になるbecamebecome
get〜になるgotgot
grow〜になるgrewgrown
turn〜になるturnedturned
feel〜と感じるfeltfelt
look〜に見えるlookedlooked
sound〜に聞こえるsoundedsounded
taste〜の味がするtastedtasted
smell〜のにおいがするsmelled,smeltsmelled,smelt
seem〜のように思えるseemedseemed
appear〜のように見えるappearedappeared
  • 表にはありませんが be動詞(is,am,are)もSVC型を作ります。これが最も基本です

 

SVC型の特徴

SVC型では、S(主語)=C(補語)となります。

 

例えば、He became a teacher.(彼は先生になりました。)では、
彼=先生です(「彼」と「先生」は同じ)。

 

主語(S)が何なのか、どんな状態なのかを説明していることになります。
このため補語(C)には名詞形容詞が入ります。

 

補語に形容詞が入ると主語がどのような状態なのかを説明します。
使われる動詞は限られているので、上記の表を参考に覚えておきましょう。

 

あわせて確認しておきたいページ

SVOO型(第4文型)を作る動詞の一覧。
S(主語)+動詞(V)+目的語(O)+目的語(O)で目的語を2つ取る他動詞になります。

 

効率的に勉強しよう!

page top