比較級の作り方(中学英語のテスト勉強)

比較級の作り方の法則一覧

形容詞、副詞の比較級の作り方の法則を一覧形式でまとめました。
対象としているのは中学、高校入試レベルの英単語です。

 

語尾に「er」をつけるノーマルタイプ以外にも変化パターンがあります。
しっかり覚えておきましょう。

 

比較級の作り方の法則

ノーマルタイプ ⇒ 語尾に「er」をつける
原級比較級意味
newnewer新しい
fastfaster早い
talltaller高い
soonsoonerすぐに
youngyounger若い

 

new」の比較級は語尾の「w」を重ねずに、そのまま「er」をつけるだけです。
「big」「hot」など三文字英単語で語尾を重ねるものと混同しないようにしましょう。

 

語尾が「e」 ⇒ 語尾に「r」をつける
原級比較級意味
cutecuterかわいい
largelarger大きい
simplesimpler単純な

 

動詞の過去形の作り方のときにも出てきたのと同じ考え方のルールです。
すで「e」がある場合は、「e」が重ならないように「r」だけを語尾につけ足します。

 

語尾が「短母音+子音」 ⇒ 語尾の子音を重ねて「er」をつける
原級比較級意味
bigbigger大きい
hothotter暑い
gladgladderうれしい

 

語尾の子音を重ねるパターンです。
new」はこのルールにあてはまらない(比較級はnewer)ので注意しましょう。

 

これも動詞の過去形を作るときに出てきたルールに似ています。
(過去形「stop ⇒ stopped」「plan ⇒ planned」など)

 

語尾が「子音+y」 ⇒ 語尾の「y」を「i」にして「er」をつける
原級比較級意味
busybusier忙しい
easyeasierやさしい
earlyearlier早く
heavyheavier重い
happyhappier楽しい

 

語尾に「y」があるときは、「y」を「i」にして「er」をつけます。

 

これも動詞の過去形を作るときに出てきたルールにあるものです。
比較級の作り方の中でテストで出題されやすいので、しっかり覚えておきましょう。

効率的に勉強しよう!

page top