過去形が不規則変化する動詞一覧表(中学英語の総まとめ)

過去形が不規則変化する動詞一覧

過去形が不規則変化する動詞にはいくつかのパターンがあります。
中学英語レベルの一般動詞をパターン別にまとめました。

 

過去形が不規則変化する動詞

パターン1:原形と過去形が同じ
原形過去形意味
cutcut切る
putput置く
letlet〜させる
readread読む
costcost費用がかかる

一番覚えやすいパターンですね。
ただし、readはスペルは同じでも発音が異なることに注意しましょう。

 

パターン2:一文字「a」に変える
原形過去形意味
sitsat座る
runran走る
comecame来る
givegave与える
singsang歌う
swimswam泳ぐ
ringrang鳴る
beginbegan始める
drinkdrank飲む
becomebecameなる

 

原形の一文字を「a」に変えて過去形を作る動詞です。
それなりに数があるので、まとめて覚えておきましょう。

 

パターン3:一文字変える(「a」以外)
原形過去形意味
winwon勝つ
getgot得る
forgetforgot忘れる
makemade作る
knowknew知る
blowblew吹く
drawdrew描く
riserose昇る
drivedrove運転する
holdheld保つ
fallfell落ちる
growgrew育つ
throwthrew投げる
sendsent送る
spendspent費やす
buildbuilt建てる

 

原形のある一文字を別の一文字に変えるパターンです。「get」と「forget」、「know」と「blow」、「send」と「spend」など似たパターンをセットで覚えておくのがコツです。

 

 

パターン4:語尾がaught,ought
原形過去形意味
buybought買う
bringbroughtもたらす
thinkthought考える
catchcaught捕らえる
teachtaught教える

 

過去形の語尾が「aught」「ought」になる動詞です。
数が少ないのでまとめて暗記しておきましょう。

 

パターン5:その他(文字数同じ)
原形過去形意味
seesaw見る
eatate食べる
lielay横たわる
feelfelt感じる
taketook取る
telltold語る
keepkept保つ
sleepslept眠る
speakspoke話す
standstood立つ
stealstole盗む
breakbroke壊す
writewrote書く

 

パターン4までにあてはまらない動詞で原形と過去形の文字数が同じものです。

 

 

パターン6:その他(文字数が異なる)
原形過去形意味
dodidする
gowent行く
saysaid言う
findfound見つける
havehad持っている
hearheard聞く
leaveleft去る
meetmet会う
choosechose選ぶ

 

パターン4までにあてはまらない動詞で原形と過去形の文字数が異なるものです。
もっとも不規則に変化するともいえるので、テストで狙われやすい動詞でもあります。

 

確実に覚えておきましょう。

トップへ戻る