一般動詞の過去形の作り方(規則変化)を解説

一般動詞の過去形の作り方(規則変化編)

一般動詞の過去形の作り方には規則変化と不規則変化がありますが、規則変化の4パターンについてまとめました。

 

一般動詞の過去形の作り方(規則変化)

ノーマルタイプ:語尾に「ed」をつける
原形過去形意味
staystayed滞在する
playplayed(スポーツを)する、遊ぶ
looklooked見る
talktalked話す
finishfinished完了する

 

語尾が「e」 ⇒ 語尾に「d」をつける
原形過去形意味
useused使い
livelived住む
hopehoped希望する

 

語尾が「短母音+子音」 ⇒ 語尾の子音を重ねて「ed」をつける

語尾が「短母音+子音」のときに「語尾の子音を重ねる」というのは、現在進行形(ing形)の作り方と同じルールです。

原形過去形意味
stopstopped止める
regretregretted後悔する

例外あり

  • visit(訪問する)の過去形は visied(語尾の子音を重ねない)

 

語尾が「子音+y」⇒語尾の「y」を「i」にして「ed」をつける
原形過去形意味
crycried泣く
studystudied勉強する
carrycarried運ぶ

 

まとめ:一般動詞の過去形の作り方(規則変化)
  • ノーマルタイプ:語尾に「ed」をつける
  • 語尾が「e」 ⇒ 語尾に「d」をつける
  • 語尾が「短母音+子音」 ⇒ 語尾の子音を重ねて「ed」をつける
  • 語尾が「子音+y」⇒語尾の「y」を「i」にして「ed」をつける

 

この単元の問題演習はコチラ

中学英語のまとめ問題:一般動詞の過去形(規則変化)

効率的に勉強しよう!

page top