不規則動詞活用表の覚え方(中学英語、高校入試レベル)

覚えやすく並べ替えた不規則動詞活用表

原形、過去形、過去分詞形が変化する不規則動詞の活用表を覚えやすいように並べ替えて掲載しています(対象は中学英語、高校入試レベル)。

 

テスト前の最終チェックなどで活用してみてください。

 

不規則動詞活用表の覚え方

A-A-A型

原形、過去形、過去分詞形ともすべて同じ動詞です。
まずはココから暗記しておきましょう。

原形過去形過去分詞形意味
cutcutcut切る
hithithit打つ
putputput置く
letletletさせる
shutshutshut閉める
hurthurthurt痛む

 

語尾が「t」の動詞はこのパターンになることが多いです。
ただし、「forget」など例外もあるので気をつけましょう。

 

A-B-A型

原形と過去分詞形が同じで、過去形のみ異なる動詞です。
これも数が少ないので、先に覚えておきましょう。

原形過去形過去分詞形意味
runranrun走る
comecamecome来る
becomebecamebecomeになる

 

いずれも過去形のときに一か所(一文字)だけスペルが変わります。

 

A-B-B型

過去形と過去分詞形のみが同じパターンの動詞です。
数が多いのでいくつかのタイプに分けて覚えるのがコツです。

 

語尾がaught,ought

過去形、過去分詞形の語尾が「aught」または「ought」になるものです。

原形過去形過去分詞形意味
catchcaughtcaught捕らえる
teachtaughttaught教える
buyboughtbought買う
bringbroughtbroughtもたらす
thinkthoughtthought考える
fightfoughtfought戦う

 

一文字変える

原形と過去形、過去分詞形で何か一文字変えるタイプの動詞です。

原形過去形過去分詞形意味
makemademade作る
sitsatsat座る
winwonwon勝つ
getgotgot得る
forgetforgotforgot忘れる
holdheldheld保つ
sendsentsent送る
spendspentspent費やす
buildbuiltbuilt建てる

 

文字数が減る

過去形、過去分詞形の文字数が原形より少ない動詞です。

原形過去形過去分詞形意味
havehadhad持っている
meetmetmet会う
leaveleftleft去る
leadledled導く

 

文字数同じ(二文字以上変更)

原形と過去形、過去分詞形で文字数が同じで、二文字以上が変わるものです。

原形過去形過去分詞形意味
feelfeltfelt感じる
telltoldtold語る
keepkeptkept保つ
sleepsleptslept眠る
standstoodstood立つ
loselostlost失う
sellsoldsold売る
understandunderstoodunderstood理解する

 

その他(文字数が増加)

これまでのパターンにあてはまらず、過去形、過去分詞形で文字数が増えるものです。

原形過去形過去分詞形意味
saysaidsaid言う
findfoundfound見つける
hearheardheard聞く
laylaidlaid横たえる
meanmeantmeant意味する

 

ここまででかなりの数になったので、A-B-C型(原形、過去形、過去分詞形がすべて異なる)の動詞活用表は別のページにまとめることとしました。まずは、ココまで覚えてください。

トップへ戻る