不規則動詞の覚え方(原形、過去形、過去分詞形が異なるA-B-C型)

不規則動詞活用表の覚え方(A-B-C型)

原形、過去形、過去分詞形がすべて異なるA-B-C型不規則動詞の覚え方を活用表をもとに解説しています。同じA-B-C型でもパターンがいくつに分かれます。

 

このパターンごとに暗記していくのが覚えるコツです。

 

A-B-C型不規則動詞活用表

i−a−u型

原形で「i」のところが、過去形では「a」になり、過去分詞形では「u」になる動詞です。変化するの「i」「a」「u」のみで、ほかの部分は変わりません

原形過去形過去分詞形意味
singsangsung歌う
swimswamswun泳ぐ
ringrangrung鳴る
drinkdrankdrunk飲む
beginbeganbegun始める

 

不規則動詞の中で最もカンタンな変化なので、確実に覚えておきましょう。
「i」→「a」→「u」(い→あ→う)の順番です。

 

過去形ew、過去分詞形wn型

過去形の語尾が「ew」で、過去分詞形の語尾が「wn」となる動詞です。

原形過去形過去分詞形意味
drawdrewdrawn描く
knowknewknown知る
blowblewblown吹く
growgrewgrown育つ
throwthrewthrown投げる

 

原形の「aw」「ow」の部分が変化しています。

 

過去分詞形=原形+n型

過去分詞形が原形に「n」をつけ足したスペルになる動詞です。
過去形の変化はいろいろなパターンがあります。

原形過去形過去分詞形意味
seesawseen見る
givegavegiven与える
riseroserisen昇る
drivedrovedriven運転する
taketooktaken取る
choosechosechosen選ぶ

 

その他のパターン(不規則中の不規則)

これまでの分類には入らないタイプの動詞です(まさに不規則変化するものです)。
出てくる単語は限られているので、頑張って覚えましょう。

原形過去形過去分詞形意味
writewrotewritten書く
speakspokespoken話す
breakbrokebroken壊す
eatateeaten食べる
hidehidhidden隠す
rideroderidden乗る
fallfellfallen落ちる
stealstolestolen盗む
lielaylain横になる
flyflewflown飛ぶ
wearworeworn着ている

 

その他の中にも似たものがあります。

 

例えば、「speak(話す)」と「break(壊す)」。
語尾が「eak」⇒「oke」⇒「oken」と変化しています。

 

こうしたものをセットで暗記しておくと、早く覚えることができます。
自分なりに覚えやすい組み合わせを探してみてください。

 

以上、参考まで。

効率的に勉強しよう!

page top