中学英語「前置詞」は受動態でby以外から覚えるのがコツ

細かいちがいがわかりにくい前置詞ですが、中学英語レベルであれば受動態のときにby以外の前置詞がつくパターンから覚えると覚えやすいです。

 

そこで、受動態のときに by以外の前置詞(in,of,withなど)を取るパターンをまとめました。

 

中学英語(高校入試)レベルでは定番のものが出題されることが多いので、しっかり覚えておけば得点源にすることができます。

 

受動態で by 以外の前置詞

前置詞 受動態 意味
in be interested in 〜に興味がある
be injured in 〜でけがをする
with be pleased with 〜を気に入る
be filled with 〜で満たされる、いっぱいにする
be covered with 〜でおおわれている
be satisfied with 〜に満足する
at be surprised at 〜に驚く
of be tired of 〜に飽きる
for be known for 〜で知られている
to be known to 〜に知られている
of/from be made of/from 〜で作られている

 

いずれも定番のものです。
数が多くないので丸暗記しておきましょう。

 

be made of と be made from の違い

be made of」も「be made from」も「〜で作られている」という意味になりますが、使い分けが必要です(テストでよく出題されます)。

  • of … 材料がそのまま使われているケース
  • from … 材料が加工されて使われているケース

【例文】
This desk is made of wood.(この机は木でできています)
Butter is made from milk.(バターはミルクから作られます)

元の材料が見て分かるなら「of」、わからなければ「from」です。

 

be known for と be known to の違い

be known for と be known to にも注意してください。

  • be known for → (頭の回転の速さ)知られている
  • be known to → (クラスみんな)知られている

「で」と「に」の違いを覚えておきましょう。