中一英語「不規則動詞」の過去形問題

中一英語「過去形」の定期テスト対策問題(不規則動詞編)

中一英語の単元「動詞の過去形」のなかで厄介なのが不規則動詞の変化です。
ここで英語がキライになったり、面倒くさくなったりしてしまうもの。

 

そうならないためには、気合で覚えるしかないのか…というのは誤解です。
不規則動詞とはいっても、すべて不規則なのではなく一定のルールがあります。

 

このルールがある(規則がある)不規則動詞から覚えていくのがコツ。
以下にまとめましたので、順番に見てください。

 

不規則動詞のルール(1)変化なし

原形も過去形も同じ(変化しない)動詞を最初に覚えてしまいましょう。
これも不規則動詞です。

 

原形過去形意味
cutcut切る
hithit打つ
putput置く
letlet〜させる
shutshut閉める

 

不規則動詞のルール(2)一文字だけ変える

次に一文字だけ変える動詞です。
その中でも「a」に変える動詞が多いので、先にこれをまとめました。

 

何か一文字を「a」に変える
原形過去形意味
runran走る
sitsat座る
comecame来る
givegave与える
swimswam泳ぐ
singsang歌う
drinkdrank飲む
beginbegan始める
becomebecameになる

 

何か一文字を「a」以外に変える
原形過去形意味
getgot得る
winwon勝つ
writewrote書く
holdheld保つ
makemade作る
loselost失う
sendsent送る
buildbuilt建てる

 

不規則動詞のルール(3)文字数が減る

過去形になるときに原形から文字数が減る動詞がいくつかあります。

原形過去形意味
havehad持っている
meetmet会う
leaveleft去る
leadled導く
choosechose選ぶ

 

不規則動詞のルール(4)文字数が増える

反対に過去形になるときに原形から文字数が増える動詞もいくつかあります。

原形過去形意味
saysaid言う
flyflew飛ぶ
laylaid横たえる
findfound見つける
hearheard聞く
meanmeant意味する

 

不規則動詞のルール(5)語尾がaught,ought

過去形の語尾が「aught」「ought」になる動詞です。

原形過去形意味
buybought買う
bringbroughtもたらす
thinkthought考える
fightfought戦う
catchcaught捕まえる
teachtaught教える

 

最後に確認問題を作成しました。
問題はランダムに変更されるので、下記から挑戦してみてください。

 

中一英語「過去形」の定期テスト対策問題(不規則動詞編)

次の英単語の過去形を答えよ。

動詞の原形解答
読み込み1答え1
読み込み2答え2
読み込み3答え3
読み込み4答え4
読み込み5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

 

規則動詞編はこちらから

効率的に勉強しよう!

page top